プロミスは即日融資に定評のある消費者金融です。最近では30日間無利息サービスが人気ですが、最短で30分審査のプロミスは即日キャッシングに向いている金融だといえます。

プロミス即日審査に通るために

キャッシングした男

プロミスのキャッシングは即日融資可能で人気があります。パソコンやスマホで24時間いつでも気軽に申込みができて便利。でも申込んでも必ず審査に通るとは限りません。最初に審査に落ちる原因も知っておきましょう。

まずプロミスの審査基準は、年齢満20歳以上69歳以下で安定した収入があり返済能力があると認められることです。プロミスでは条件を満たせば、パートやアルバイトの非正規雇用の人でも審査に通る可能性があります。

ただ審査では申込者の属性や信用情報について厳正に審査するので、何らかの条件が欠けている場合は審査に落ちてしまいます。最近の審査の傾向としては、年収の高さよりも安定性の方をより重視します。なので年収が高くても審査に落ちるケースもあります。

例えば歩合給で、その月の営業成績によって収入が大きく違って不安定な場合や、職を短期間に転々と変えて勤務実績が1年未満の人は安定収入があるとは認められません。

逆に収入は低めでも、長年同じ職場で毎月一定以上の収入があれば審査での評価は高くなります。

また安定収入以外にも審査落ちする原因となるのが、申込者の信用情報です。他に3社以上借入があったり、年収の3分の1を超えて借入したり、返済を3ヶ月以上延滞している場合は審査に落ちてしまいます。

プロミスの審査に落ちたときには、その原因をよく考えて改善してから申込むことがキャッシング 最短で借りるための重要事項だといえます。

プロミスの瞬フリが便利すぎる!

プロミスでは契約を行った後に、”瞬フリ”というサービスを利用することができます。この瞬フリとは、ネットからの操作で瞬時に自分の銀行口座まで振り込みによる借入れを行うことができるサービスで、24時間いつでもこの操作、及び振り込みを受けることが可能です。

これを利用するには、三井住友銀行、もしくはジャパンネット銀行に自分名義の口座を持っている必要があります。逆に、条件となるのはそれだけで、その他に申込みを行うような必要はありません。

口座まで振り込みを受けた後は、コンビニなどのATMですぐに口座からその分の現金を引き出せるので、いつでもすぐに現金自体を借りることが可能になります。プロミスと契約を行った後で対象となるの銀行の口座を開設しても、問題なくこのサービスを利用することができます。

また、この瞬フリを利用すると、申込み前からどちらかの銀行に口座を持っている場合、審査に合格できれば申込み時間を問わず、それらの銀行口座まですぐに融資を受けられるということです。この振り込みの際に掛かる手数料は時間帯などを問わず、一切無料です。

急にお金が必要になった時には、是非のこのプロミスの瞬フリサービスを有効に利用してください。

>>プロミス即日融資の達人!急ぎで無利息もOK!

今日中に2万円借りたい場合の最適な方法

金融業者から借金を行いたい場合には、カードローン審査にクリアする必要がありますが、申込みを行ってすぐに借金したい場合にはいくつかのポイントを押さえる必要があり、今日中に2万円を借りたい場合には、即日融資対応を行っている業者に申込む事が望ましいです。

即日融資に対応していない業者の場合は申込みを行った日のうちにキャッシングを出来ないですし、まずは即日融資対応をしている業者の選別が必要であり、即日で2万円を借りたいという場合にはプロミスなどの無利息サービスを併用すると最適です。

単純に即日融資サービスを受けて2万円借りるのも良いですが、無利息で借り入れ可能な方がお得です。無利息での借り入れでは金額や期間に上限設定があり、一般的には短期間で小額の融資に対して有効です。

例えば5万円までなら180日間無利息であるとか、7日間なら無利息である場合、様々な条件設定がありますから、即日融資で無利息対応している業者を使う事が最適な方法です。プロミスは30日間無利息サービスを行っています。

注意したいポイントは即日融資を受けたい場合には申込みの制限時間内に取引を行う必要があり、時間設定に関しては必ずチェックする事や、無金利サービスを併用する時には、無金利サービス適用の条件を確認した上で利用する事です。

プロミス体験談 ~2年ほどお世話になりました(笑)

[のぶ君 40代男性 会社員]

私が30才過ぎのころ、スロットにはまり貯金を食いつぶした後、それでもスロットを続けたいと思い、お金を工面する為にプロミスでキャッシングをしました。

審査は普通の給料をもらっている会社員ですので特に問題なく通りました。プロミスでキャッシングを行い、最初は1万円、スロットで負けが込むうちに徐々に、2万円、3万円を金額を増やしました。

借金の総額は、一番多い時で100万円程度まで膨らみました。利息は確か当時は25%程度だったと記憶しています。

返済は、半年毎にもらえる賞与をあてて、一気にプロミスに返しました。

スロットについてもその時点できっぱり止めました。それなりの給与を頂いていたので幸いにして返済できましたが、そうでなければ司法書士などをお願いしようと思っていました。

借金した感想として、お金がない時、あせっている時、悪く言うと頭が冷静でない時、衝動的に借りてしまう、パターンが多いのかなと思います(少なくとも私は)思えば、スロットを止めるタイミングが早くて助かったと思います。

私はプライベートでキャッシングしましたが、仕事や生活の為に使うパターンもあると思うので、その場合は冷静に対処し、なるべく低利のローンで済むようにしないといけないと行けないと思いました。