プロミスの利用に必要となる書類は、まず身分証明書です。これには運転免許証や健康保険証、パスポートなどが利用できます。そして、場合によってそれと併せて収入証明書が必要です。

この収入証明書は、パートやアルバイト、または派遣社員や契約社員など、年収が会社員や公務員と比べて安定していないと思われる場合や、給与所得者ではない自営業者やフリーランス、もしくは経営者の場合に必要になります。

収入証明書が不要なのは、会社員や公務員といった毎月の収入が安定している給与所得者が申し込みを行う場合です。この場合は、原則的に50万円の借り入れであれば、身分証明書だけで契約を行うことができます。

しかし、50万円を超える借り入れになる場合や、現在他社から借り入れを行っている金額と合わせて100万円を超える借り入れになる場合、収入証明書も必要になります。

よって、収入証明書なしでプロミスを利用できるのは、会社員や公務員といった職業で、他社から全く借り入れを行っていなければ限度額が50万円以下の契約になる場合で、他社から借り入れがある場合はその金額と合わせて100万円以下で収まる限度額での契約になる場合です。

また、この他社からの借り入れとは実際の借り入れ金額ではなく、限度額がその対象になります。例えば限度額が2社と30万円の契約を行っている場合、60万円の借り入れがあると判断されます。この点に注意してください。