プロミス社だけではなく、大抵の消費者金融業者や銀行・信用組合などが扱うフリーローンなどの貸付商品などは、ある一定の条件の範囲内で、収入証明書が不要な状態で借り入れが可能なように設定がなされたりしています。

このように、フリーローンの商品においては、収入証明書なしでお金を借りる方法という手段が取れますが、先程も少しだけ触れたように、ある何らかの一定の範囲内という条件の下でという現状を忘れてはなりません。

プロミス社の商品の場合、最高限度額50万円までで、収入証明書類の提出が不要になっています。

そのため、この50万円の限度額範囲を越えない状態で、お金を借りていくというやり方がまさに、収入証明書なしでお金を借りる方法の基本的な考え方や判断の指針といえます。

ただし、10万円や30万円といった、一般的な多くの方がなされる借り入れ金額の場合には、収入状況さえ正直に言えば、書類などが一切必要無いような状態で簡単に借り入れそのものが可能ですので、少しずつ借り入れをしていくという方法も大変お勧めといえます。

それでも年率18%という利息の高さがありますので、その分の支払いを増やしたりしないためにも、早めに完済していくように心掛けることが必須といえます。