プロミス社の貸付商品の借り入れを、正社員以外の契約社員の方が行う場合に関しての話になります。

この場合、普通の正社員であるサラリーマンの方の場合と同じく、収入が安定をしていさえすれば、通常の申し込み通りに審査が通りますので、あまり心配などをしたりするような必要性などは無いのかもしれません。

しかしながら、やはりいくら同じサラリーマンとかではあっても、契約社員の場合には正社員よりも収入面での劣りといったものがありますので、そうした点に注意をしたりしていく配慮は大事といえます。

また、契約社員である申し込み希望者である方の場合とかでは、満期までの契約期間が短かったりしたような場合には、それを理由に審査や借り入れ限度額面においての希望受け入れとかが厳しくなったりするような場合も考えられます。

このため、そうした点などにおいても、しっかりと情報確認を申し込み前にやっておかなくてはなりません。

そして特に気を付けなくてはならない点はといえば、収入が安定をしていても正社員の方などよりも少ないという点で、プロミス社側から借り入れ限度額に関しての査定自体を、希望借入額などよりも少なめな設定にされたりしてしまうような事態も考えられたりします。

そうした事態もあり得ますので、気を付けなくてはなりません。